雲出B自然農園 食用ホオズキの害虫被害 確認(T_T) オオタバコガの幼虫とホオズキカメムシの成虫

三重県 津市 雲出B自然農園
近景

 暑い〜ですね〜(*´ω`*)

今日の、三重県津市のお天気は、

やっと、第2段 の梅雨明け?

って、感じで


さわやかな風が 吹き抜け

日陰では、 過ごしやすいのです

が、

炎天下では、33℃ (*´ω`*)


3日ぶりの

農作業を

食用ホオズキの畝 以外は、

草刈り機が使用できない状態で、

草ボーボー

早く、スバルサンバーが復帰しなくては、・・・・・・


で、とりあえず、

できることは、

食用ホオズキの摘果 摘芯 ツル誘導の付け直し

など、

11枚の畝に

4時間ほどの作業



ところで、

食用ホオズキの畝で

オオタバコガの幼虫
を 発見(゚∀゚)

オオタバコガの幼虫

成虫になると
オオタバコガ成虫

この やからが
ナス科 トマト ナス 
もちろん 食用ホオズキにも・・・・・・

これは、
死活問題

オオタバコガの幼虫 駆除
で、検索すると

参照
トマトをオオタバコガの被害から守るには?見分け方と駆除方法を解説
https://ecologia.100nen-kankyo.jp/column/single040.html

かなりの、情報が
ナス科には、
かなりポピュラー? な 害虫のようで^^;

対策としては、
①専用の農薬散布

タバコガよりオオタバコガの方が薬剤に強く、効果的な薬剤が少ないようです。タバコガかオオタバコガかきちんと確認をして、防除指導機関やJAに相談をして薬剤を選ぶと良いでしょう。粉立ちが少なく、溶けやすい顆粒水和剤は使いやすい製剤でおすすめです。

とのこと(*´ω`*)

②発生源ごとに処理する
被害の現場で、 その果実を
撤去して、 完全に処分=移動し燃やす

③成虫の蛾が卵を産まないように、
作物をネットで 覆う

基本3点

現状の はざま自然農の畑では、

②の
現場で、その都度
被害が確認がとれた
食用ホオズキの実は、 完全に処分する

しか〜 方法が(*´ω`*)
・・・・・・・・・

このままだと、

全滅の可能性も(*_*)



それと
ホオズキカメムシの卵

小さな粒が 食用ホオズキの葉の 裏に(*´ω`*)

小豆色の小さな卵ですが、
光加減で、 
ゴールドに怪しげに 輝く(*_*)


ホオズキカメムシの成虫

参照
ホオズキカメムシを駆除!その方法と予防対策とは?
https://shisetsuengei.com/news-column/pest-counterplan/pest-counterplan-021/


現時点で

私が 確認した

食用ホオズキの害虫被害は、

この2種類


自然農としては、

農薬散布は、 どうしても

避けたい

し、

あまり 効果がないような(*_*)


結局、

卵や幼虫を現場で見つけたら、

できるだけ、早く マメに

撤去 完全焼却

しか、手が 無いのが

現状で ございます。


これから、

食用ホオズキの実がなる

最盛期


こんな 被害で

全滅だけは・・・・・・・・・・

死守しなければ(T_T)


追伸

虫好きの 私では、ございます


彼らには、

チョットした

殺意のような 怒りの感情が フツフツと

湧いてくる・・・・・・

のが、

正直なところ(*´ω`*)



特に

オオタバコガの幼虫の被害は、甚大

実の80%は、 やられている(*´ω`*)


とにかく、

広がらないように、

撤去 焼却を 徹底するしか〜(*´ω`*)

コメント

現在、一人で自然農に携わっております。 フォローかコメント よろしくお願いいたします。 応援していただけると、励みになります。 よろしくお願いいたしますm(_ _)m

AD

ご愛読ありがとうm(_ _)m

現在、一人で自然農に携わっております。 フォローかコメント よろしくお願いいたします。 応援していただけると、励みになります。 よろしくお願いいたしますm(_ _)m

このブログの人気の投稿

肥沃な畑の目印 カラスノエンドウ 自然農の肥料になる雑草達(スズメノエンドウとカラスノエンドウの違い)

はざま自然農園 現状のご報告

グーグル検索 慎重に扱うべきコンテンツに関する警告

雑草も草も野菜も虫たちも よく観察して違いを知り、見極めるのが自然農

自然農 食用ホオズキ 篠竹の柵 完成(^^)

確実に春に向かっていますヨ (^^) 三重県 津市 自然農園 

桜吹雪の景色とアナログカメラ

雑草と野菜の違いは、見分けがつくか?食べられるか? 料理法を知っているか? 意図して植えたか? それだけなのよね〜〜^^;

自然農の種 野口のタネ 注文!

自然農・有機野菜栽培の魅力とは?