自然農の自給自足とは?

パンベーカリーの上がお気に入りのネルちゃん(^^)

【農作業現場の天気 気温 湿度】

三重県 津市 西側 長谷山も
雨模様
三重県 津市 雲出A

雨後曇り、気温8℃ 湿度84%
雨と風で、体感温度は、かなり、さぶ〜〜かったです(*´ω`*)

昨日は、朝から雨模様
なので、畑仕事は、お休み
ガス検診+送迎の生業に専念

一応 畑の見回りだけに
赤飯そら豆も あまり変わらず^^;

自然農園の畑も 雨や寒さに耐えているようで、

あまり表面上の変化は観られません

が、 たぶん 地中では、春をめざして、しっかり根を張っている かと

【昨日の自然農 農作業】

○起床時間

5時30分

○作業時間

30分ほど

雨+寒い〜〜ですが、スーパーカブ110JA10
で、お仕事です^^;
○作業内容

見回り のみ

【昨日の気づき 一言コメント】

農作業は、なかったので、

ゆっくりと、私が目指す自然農による自給自足について、

ちょっと、考察


そもそも、自給自足って、

自分や自国に必要な物資をみずからの生産だけでまかなうこと。

てな、定義だそうですが、


今のグローバル時代に、それって・・・・・・ 無理=不可能

そもそも、人間 一人では生きていけないのは、 当然のこと

自己完結は、不可能


では、自給自足 って、 ただのお題目?

では、なく

できるだけ、ってことで^^;

じゃ〜〜 その できるだけって?

私の思うに、

今の私ができること

そして、その範囲は?


もちろん、家族

そして、

カブで、気軽に移動できる範囲で出会う人々


三重県 津市を中心として、

片道2時間が限界=100km 圏内

北は、四日市、名古屋

南は、松坂 伊勢ぐらいが

が限界かと

つまり、

はざま自然農による自給自足=地産地消の

物理的面積は、 名古屋⇔伊勢 間

私が実際に行動し、感じる範囲

5感(目、耳、舌、手触り、匂い)+第六感が 及ぶ範囲

その範囲を大事にし、

はざま自然農園で生まれた野菜達を愛で、体の一部として取り入れ、

生き生きとして、生活できれば、幸いだと

考えておりますデスm(_ _)m

昨日の反省

1月って、農作業的には農閑期?

暇?って感じです。

雑草、野菜たちも、春に備えて、じっと耐えている感じ

でも、そんな時期だからこそ、

春の準備が大事

自然農では、草マルチ、畝の補修、整理

育苗 育苗ハウスの設営、柵(竹)の用意など

万全にすることが、

2月、3月のスタートダッシュができる かと

今日の作業予定

雲出Aの草マルチ、畝間 畝 補修、整理

コメント

AD

ご愛読ありがとうm(_ _)m

お気軽にコメントしてくださいネ^^;

このブログの人気の投稿

肥沃な畑の目印 カラスノエンドウ 自然農の肥料になる雑草達(スズメノエンドウとカラスノエンドウの違い)

はざま自然農園 現状のご報告

グーグル検索 慎重に扱うべきコンテンツに関する警告

自然農の種 野口のタネ 注文!

雑草も草も野菜も虫たちも よく観察して違いを知り、見極めるのが自然農

確実に春に向かっていますヨ (^^) 三重県 津市 自然農園 

桜吹雪の景色とアナログカメラ

雑草と野菜の違いは、見分けがつくか?食べられるか? 料理法を知っているか? 意図して植えたか? それだけなのよね〜〜^^;

自然農 食用ホオズキ 篠竹の柵 完成(^^)

自然農・有機野菜栽培の魅力とは?