2022年 自然農 昨年度の反省と今年の作つけ計画

寝正月のネルと息子

2022年度  今年も、2日目、

年末からの ほろ酔い気分のお正月も ソロソロ 終わりにして、

まずは、こんな暇?=時間があるとき^^;に、じっくりと去年の反省を


雲出A 息子と畝立て 去年2月

去年のはざま自然農園の畑は、

まさに手探り、見切りスタートで、後手後手のヤッツケ仕事に終始


なんせ、

今まで、家庭菜園? 1畳ほどの庭に

スナップエンドウ、キュウリを栽培した経験のみ(´・ω・`)


それが、イキナリ合計2反以上の 耕作放棄地をお借りし、

草刈り、土作り、畝作りから スタートしたわけで^^;

まともな、作物ができる状態では・・・・・・・・ω・


技術無し、経験無し、師匠無し、お金無し、時間無し

5無ナシ 

まさに、無謀(*´ω`*)



頼るは、ネット、自然農関連の書籍 のみ

でも、

やってみなくては・・・・・・

それは、今でしょう」〜〜〜〜 

てな 感じで、

希望勢いだけで^^;

これが、プロ=本業だったら・・・・・・首が回らず、

即 倒産(-_-;)=赤字 借金 



まっ、自画自賛ながら、

よ〜〜 これまで、続いた」と

自分で自分を褒めてあげたい感じです〜^^;


そんなインプレは、ヨシとして、


具体的には、

毎日、1時間でも畑に通うこと

雨だろうと、雪だろうと、バイトが忙しいだろうと・・・・・^^;

畑は、生き物

毎日 刻々と姿を変える

私の家族の一員となった猫 ネルちゃんと 一緒

毎日見守り、世話をする

それが、愛情を育み、

意志が通じあい、お互いの信頼にも繋がる。

まずは、それを肝に銘じ 今年は、自然農の畑に接すること


将来の自然農の畑をイメージ

とは言え、

仕事=社会的貢献・評価=金銭への変換を目指すには、

社会=周り(家族・知り合い・地域)のニーズを満たすことが大事

ですが、

その周りのニーズがよくわからない?

なので、

私が提案=作って食べてもらうしか

方法は、無い(-_-)

私のイメージで 今年の畑の作物をチョイス


独自の作物の創造=ストロングポイントの発見(p_-)

自然農での自給自足は、多品種 少量生産が基本ですが、

そのパターンでの社会的貢献=評価=金銭交換の方法は、

野菜セットの直接販売しか、今のところ思いつかないデス

ネットでの、食べチョク、Oisix などは、スルーするとして、


と、なると、

頼るは、口コミのみ

周知してもらうには、サンプル=農産物を実際に食べていただき、体験していただくしか・・・・・・・方法は、 無い

とにかく、自信作=これだったら、誰にも負け〜〜

三重県1 東海1 日本1の 単品作物 = 得意作物を作ること

じゃないかと


④ドップリと

その土=畑=空間と時間に浸る=今を楽しむ

とは、言え、焦ってもだめ

なんせ、

お天道さま、風、土、雨 任せの自然農

じっくり、その土地、畑、空気に身を任せ、

その空間にドップリと浸り、

その時を

楽しむことが 自然農の醍醐味かと


そうすれば、たぶん、

その土地、その畑が 教えて=知らせて

くれる ハズ

だと^^;


つまり、

その土地、その畑の循環の一部

=一員になれるか?

が、

今年の課題



まっ、今のところ、

去年の自然農の畑に接し、感じた印象=反省です。


長くなったので、

具体的な作つけ計画は、この次に〜〜^^;


将軍 男達のメロディー 80年代か?
しかしま〜〜 
豪華なセット+フルバンド、フルコーラス(゚∀゚)
高度成長期 末期 日本が一番輝いていた時代か?



「運が悪けりゃ〜 死ぬだけさ、死ぬだけ〜〜さ〜〜 あ〜〜〜♪」
7s〜maina codeが 胸にしみる〜〜〜



でも〜〜
緻密な計画 大胆な行動 
そして、
 
後は、
天命を待つのみ=お天道さんさん
次第 ってことで^^; 

コメント

AD

ご愛読ありがとうm(_ _)m

お気軽にコメントしてくださいネ^^;

このブログの人気の投稿

肥沃な畑の目印 カラスノエンドウ 自然農の肥料になる雑草達(スズメノエンドウとカラスノエンドウの違い)

はざま自然農園 現状のご報告

グーグル検索 慎重に扱うべきコンテンツに関する警告

自然農の種 野口のタネ 注文!

雑草も草も野菜も虫たちも よく観察して違いを知り、見極めるのが自然農

確実に春に向かっていますヨ (^^) 三重県 津市 自然農園 

桜吹雪の景色とアナログカメラ

雑草と野菜の違いは、見分けがつくか?食べられるか? 料理法を知っているか? 意図して植えたか? それだけなのよね〜〜^^;

自然農 食用ホオズキ 篠竹の柵 完成(^^)

自然農・有機野菜栽培の魅力とは?