映画「楢山節考・ならやまぶしこう」自然の掟と自然農

こんばんは^^; はざま自然農園の狭間です。

いや〜〜 昨日の雨はひどかったですね〜〜

三重県津市でも、

まさに 春の嵐(゚∀゚)

ときおり雷鳴も


で、今朝も少し雨が残り、当然 畑仕事は、ムリ〜〜(*´ω`*)

なので、

今日は、晴耕雨読ならぬ、晴耕映画鑑賞^^;

おかげさまで、ゆっくり楽しめました。


観た映画は、 

1983年製作の「楢山節考ならやまぶしこう

社会派の映画監督として有名な今村昌平 作品

その年の、カンヌ国際映画祭にて前評判の高かった大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」を逆転でおさえて、最高賞(パルム・ドール)を受賞

主演は、今は亡き緒形拳


人間が大自然の中で生きる いとなみの残酷さや厳しさを

それぞれの人生の感情のゆらぎとともに、克明に描いている作品

現代の日本人が忘れかけていたもの、脈々と引き継がれていた自然信仰 自然崇拝

山岳信仰=楢山様=自然の掟などを表現することで、

現在、世界的な問題となっている人口増加、食糧危機、尊厳死、延命治療なども、暗示させてる。

まさに、人間が自然の一部であり、活かし生かされ、生と死が混在化し共存していることをまざまざと見せつけられた。


まっ、硬い話は・・・・・・(*´ω`*)

まずは、作品を

いつ削除されるかわからないのでお早めに^^; 

「いや〜〜〜 やっぱり、映画ってイイですね〜〜〜〜」

⬆懐かしいフレーズ・ω・


私の現在生業としている 自然農による有機栽培も 自然のいとなみの一部ですが

その厳しさたるや、・・・・・・・


そのうち、私も識ることになるのかも(-_-)

 

コメント

ご愛読ありがとうm(_ _)m

お気軽にコメントしてくださいネ^^;

このブログの人気の投稿

はざま自然農園 現状のご報告

肥沃な畑の目印 カラスノエンドウ 自然農の肥料になる雑草達(スズメノエンドウとカラスノエンドウの違い)

確実に春に向かっていますヨ (^^) 三重県 津市 自然農園 

自然農の種 野口のタネ 注文!

雑草と野菜の違いは、見分けがつくか?食べられるか? 料理法を知っているか? 意図して植えたか? それだけなのよね〜〜^^;

自然農・有機野菜栽培の魅力とは?

桜吹雪の景色とアナログカメラ

耕作放棄地をエゴな太陽光発電にするより 自然農の畑に

ホンダ農業用草刈りロボット新発売(゚∀゚) 自然農には、ムリ(^_^;)

もし、ゴッホが自然農の農家になったら?