本当の豊かさとは? 自然農の いとなみの中に

 おはようございます。

はざま自然農園の狭間デス。

今朝の三重県津市は、曇空。

あまり気温は、上がらない感じ。

白色キシビロタンポポ
よく見られるのが黄色のセイヨウタンポポ


これは、ず〜〜と 前のお話

私の青春時代? 30代の頃

それは、まさにバブルの絶頂期(1980年代後半)

当時名古屋に住んでいた私は、ご多分にもれず、踊り浮かれていた(・∀・)

夜の街 栄サカエや錦ニシキ(名古屋の繁華街)は、タクシーで溢れ、乗車拒否も当たり前、

ジュリアナ東京のようなディスコ?では、素人の若い女の子が、半裸?ちょう〜〜ミニスカートで お立ち台で踊っている(・∀・)

それを目当てに、男たちが群がる(*´∀`*)

テレビのCMでは  

 「24時間戦えますか?」とか

   

 「5時から男」などと


イケイケ・ドンドン」を煽りまくる(・∀・)


や〜〜〜 

今思うと、ほんと、街全体 いや 日本全体が 狂気乱舞と 狂っていたような?

さに、

狂うために、ガムシャラに働いていたような?

豊かさの指針を見失い、漂流していたか のような?

バブルと言う名の虚構の中で


日経平均株価は、4万円に届く勢い

お金は、あればあるほど いイイ

そして、それが永遠に続くかような

そんな、漠然とした空気に包まれていた。


でも、

お金は、交換の手段でしかない。

つまり、しょせんは、道具

畑で使う、クワやカマと同じようなもののハズ。

やたらと あれば良いってもんじゃ〜〜^^;


使いこなせないほどの量を持って、持て余し、

使い道を探し、無意味に投棄? 投資する

そんな感じが 当時のバブル


それも、かれこれ30年以上も前のこと・・・・、

当時生まれた世代も、今や30代

そんな時代を知っている世代も 今や還暦過ぎに・・・・・・・ω・



仙人のような風貌?自然農創始者 川口由一さん


今の私は、

そんな気分とは、全くかけ離れた、

自然と共に生きる 自然農を営む農業家

おひさまの下で、土や野菜たちと汗を流し戯れ、

腹がへったら、自前のおにぎりを ほおばる。


なんという 充実感か

足りないわけでもなく、

寂しいわけでもなく、

ちょうどいい 安心感

豊かさとは?

などと 改めて考える必要もない、

今 ココにいることの絶対的な 豊かさの実感

バブルを体験し、行き着いた先にあるのは、

そんな、

ありふれた=当たり前の豊かさ

なのかもしれません。


最低 自分たち(家族)の食べ物を 自分たちで作っている

その確かさを 体感できる

自然の一部として、生かされている って感じ。

この感覚は、私も、自然農を初めて、農作業を続けるうちに、

フト、 感じる 体感で、


忙しさにかまけ、忘れること=思い出せないことも 多々ありますが。

一度、体験したなら、すぐに 思い出すことが できますから。


追伸
今現在も日経平均株価は、3万円前後を乱高下の状態
なんか? あの当時の再燃を願っている人が、
まだ〜〜〜・・・・イルのか?

モノの値段もジワジワと=インフレ気味(*´ω`*)

追伸の追伸
こうやって、バブル時代を改めて振り返ると
今のコロナの状況下では、信じられないほど3密(集・近・閉)ですな〜〜(-.-;)

でも〜〜
もう、あの頃には戻れない し、
戻る必要も ない

時代は、変わったんだと

コメント

ご愛読ありがとうm(_ _)m

お気軽にコメントしてくださいネ^^;

このブログの人気の投稿

はざま自然農園 現状のご報告

自然農の種 野口のタネ 注文!

雑草と野菜の違いは、見分けがつくか?食べられるか? 料理法を知っているか? 意図して植えたか? それだけなのよね〜〜^^;

確実に春に向かっていますヨ (^^) 三重県 津市 自然農園 

自然農・有機野菜栽培の魅力とは?

桜吹雪の景色とアナログカメラ

自然農の正統伝道者^^; 沖津一陽さん著作「自然農を生きる」と私の夢

もし、ゴッホが自然農の農家になったら?

ちゃんの仕事は、刺客ぞな? 私の仕事は自然農家 時代劇の勧め

参加ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ プチ農業へ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ