自然農家の強い味方 軽トラって やっぱ便利〜〜〜(^o^) 自然農家の三種の神器のご紹介

 おはようございます。

はざま自然農園の狭間ですm(_ _)m

今朝の三重県津市は、晴れ時々曇

梅雨に入ってから、ココ1週間ほど、不思議と天気が安定しています^^;

キンシバイ(金糸梅)花言葉は、「きらめき」

慣行農法にとって必需品は、

トラクター(耕作機)・コンバイン(稲刈り、脱穀機)・田植え機

通称 トラコン が農家の3種の神器と言われているそうですが、

それは基本、田んぼ=稲作のための農機具

たぶん、ぜん〜〜ぶだと資本金は1000以上かと(・∀・)


私的自然農家にとっての、三種の神器は、

草刈り機・チェーンソー・軽トラ

一番活躍するのが、草刈り機

ササや宿根草の伐採や耕作放棄地の枝切りなどに、大活躍

野菜の周りをまめに刈る時は、ノコギリガマですが^^;


で、

それらの機器やクワ・スコップなを 運ぶのが軽トラ

2ヶ月ほど前は、スーパーカブで移動していました
が、やはり、積載能力に限界を感じ、

最近、畑仕事は、もっぱら軽トラのサンバー


荷台のカバーも装着して、これで雨の日も安心^^;

この仕様で、河芸自然農園〜雲出第1・第2自然農園と20km距離内を農機具一式を持って巡回が可能

チェーンソーは、一番出番が少ないが、やはり大量の竹を伐採したり、耕作放棄地の初期の頃、大きく成りすぎた木の枝を伐採するには、必需品。


追伸
ですが、これらの機械にばかり頼っていると、本来の自然農の姿=「自然と語らい、土や草と戯れる」ことや、直接の体験=体で感じる感性が鈍ってしまうようで、

Googlemapやナビも便利ですが、あまり そればかり使うと、
思いがけない出会いや、寄り道、迷路などの貴重な体験ができなくなってしまうので^^;

人生も旅も苦労したほうが、思い出深く、懐かしく思うものですから。。。。

追伸の追伸
できれば、江戸時代の農家の様に、
肩にクワ背負って、腰に鎌とナタをブラ下げて、 
牛か馬で、移動するのが カッコイイと思うのですが・・・・・・
自然農家の理想の姿^^;

コメント

ご愛読ありがとうm(_ _)m

お気軽にコメントしてくださいネ^^;

このブログの人気の投稿

はざま自然農園 現状のご報告

確実に春に向かっていますヨ (^^) 三重県 津市 自然農園 

自然農の種 野口のタネ 注文!

雑草と野菜の違いは、見分けがつくか?食べられるか? 料理法を知っているか? 意図して植えたか? それだけなのよね〜〜^^;

桜吹雪の景色とアナログカメラ

自然農・有機野菜栽培の魅力とは?

肥沃な畑の目印 カラスノエンドウ 自然農の肥料になる雑草達(スズメノエンドウとカラスノエンドウの違い)

耕作放棄地をエゴな太陽光発電にするより 自然農の畑に

ホンダ農業用草刈りロボット新発売(゚∀゚) 自然農には、ムリ(^_^;)

もし、ゴッホが自然農の農家になったら?