すべての答えは、現場=畑に ある 

 最近は、ほんと

便利になりました。

先日、雲出B自然農園でヌカの補いを


私、自然農を始めて、2年目ですが、

もっぱらノウハウは、書籍とYouTubeを中心としたネット


もともと、サラリーマンだったので、

周りに農業の知り合いも、いないし、

まして、自然農家 など 皆無^^;

なので、基本 農業系YouTubeの方々から情報を仕入れています。


雲出A自然農園 近景


しかしま〜〜

今や、農業系YouTubeも 百花繚乱

ガーデニングや家庭菜園から、有機農法

新規就農を目指す、本格的な慣行農法まで

ありとあらゆる情報で 溢れかえっています。

初心者向けに、手とり足取りで、質問に答える

カリキュラムや講座まで ある(・∀・)


が、

あまりにも、情報があるため、

何を基本に 自分の畑に それを反映すればいいのか?

何を信じて良いのか?


その判断や自分にとって、不必要と思われる情報を

判別することのほうが、困難に=イロイロな情報に振り回される

って、ことに(*´ω`*)


そこで、

フト 疑問?が


もちろん、その情報がすべて間違っている、

すべて正しい ってわけでは なく。


その人=YouTuberの畑、その人が うまく言った事例を示していたり、

一般論でのノウハウって わけで


じゃ〜〜

今の私の畑、私の植えたい作物、植えたい時期に そのノウハウが

ベストか? って 言えば 

それは、あくまで 参考の一例 に過ぎない

なので、その判断=答えは、 だれも教えては、くれない

 

やっぱ、

やってみなくては、

だれにも わからない


まして、

畑や自然は、二度と同じ状態は、無い

つまり、

過去の事例が 当てはまらないことも、多々ある




失敗しないようにと、

イロイロな人のやり方、過去のデータを参考にするのは、良いとは、思いますが、


特に、自然農には、学校のお勉強やテストのように、

正解=答えは、無いのが当たり前。


つまり、

答えは、自分で見つける

そのために、失敗がある

失敗をダメ=☓ 間違い と 捉えるのではなく

貴重な体験として、楽しむ

ことが 大事なんじゃないかと


なので、失敗をさせない、しない、って 情報は、

その貴重な体験を スポイルすることになり、

いつまで たっても 自分で 判断できなくなるのでは 無いかと

思う 今日この頃です。


つまり、答えは、

現場=自分の畑が 教えて くれる 

答えは、自分の畑にある

それを 宝探しのように、見つける楽しさに

気づくことが

大切なんじゃ ないかと


追伸

でも、歴史は繰り返す 温故知新

先人の布石を調べ、研究し 反復し、実証するのも、

これまた、一つの方法


まっ、

人それぞれ、イロイロなやり方が あるのも

楽しいもんです^^;


最短を目指すのも良し、

寄り道、散歩を楽しむのも良し。

まよい道、闇夜の道、ケモノ道 もあり


道を歩く楽しみ方は、イロイロ ってことでネ・ω・


追伸の追伸

とにかく、現場=畑に立たなければ

何事も、始まらないのは、事実ですな^^;

机上で、考えてばかりでは・・・・・・(´・ω・`)


追伸

今日の予定 

スバルインプレッサのタイヤ交換を息子とやる予定でしたが、

まだ、息子は、寝ている(*´ω`*)

昨夜 また夜ふかし したのか〜〜〜ぁ

仕方がないので、
私は、タネの整理と、
今年の夏野菜の 作つけ計画でも やって ますデス^^;

コメント

AD

ご愛読ありがとうm(_ _)m

お気軽にコメントしてくださいネ^^;

このブログの人気の投稿

肥沃な畑の目印 カラスノエンドウ 自然農の肥料になる雑草達(スズメノエンドウとカラスノエンドウの違い)

はざま自然農園 現状のご報告

グーグル検索 慎重に扱うべきコンテンツに関する警告

自然農の種 野口のタネ 注文!

桜吹雪の景色とアナログカメラ

雑草と野菜の違いは、見分けがつくか?食べられるか? 料理法を知っているか? 意図して植えたか? それだけなのよね〜〜^^;

確実に春に向かっていますヨ (^^) 三重県 津市 自然農園 

自然農・有機野菜栽培の魅力とは?

今の情報過多時代に対する取捨選択=メディアリテラシー の基準とは?

三重県津市 自然農の畑や庭は、これから野菜の収穫・種まきラッシュの始まり^_^