自然農の畑・ルッコラ、ホウレンソウ、ダイコン、インゲンの発芽(^^) 

おはようございます。

はざま自然農園の狭間ですm(_ _)m 

今日の三重県津市は、曇のち雨(*´ω`*)

春の天気は、3日と もたない」って言いますが、ホントですね^^;

おかげで、昨日まいた種達には、恵みの雨

日本の気候って、上手くできているもんです(^^)



麦の穂が青々と

里山の田んぼは、も〜〜 田植えが終わっている(゚∀゚)

昔(私が小学生の頃・50年前)^^; と比べて、1ヶ月以上早い

当時は、田植えや麦秋といえば、梅雨前(5月末〜6月中旬)だったような?


昨日の農作業は、雲出自然農園で、ほうれん草の種まき

周りの畝(ウネ)には、

先日植えた 

ルッコラ

時無し大根や二十日大根

の芽が 次々と

上記の3種は、全部アブラナ科なので、2葉では、判別が難しい^^;

本葉が出てから、それぞれの個性が出てくるハズ。

鈴なりインゲンは、マメ科なので、見分けは、簡単(^^)

こうやって、毎日自然農園へ通い、草刈りをしながら、
彼らの成長をながめる=観察?するって、

期待=どんどん大きくなる のと 不安=ちゃんと成長できるのか?
が、入り混じった、

まさに、
子育て中の 親の気分
私の実際の息子は、今現在中3で、反抗期か? 私と口も聞いてくれない(*´ω`*)


そんな気分を、季節ごと 種まきごとに、味わえるなんて(^o^)
ハマると、こんな楽しい作業=仕事 

自然農家 お百姓さんって、イイですね〜〜

追伸
これからの季節、気温がどんどん上がり、すべての草が成長期に入ります。
なので、草刈りも毎日やらなければ、一雨ごとに 草ボーボー

自然農の草=雑草は、刈ることで、緑肥になり、
畝(ウネ)に敷くことで、雑草の繁殖を抑える効果もあるので、

草刈りは、いちばん重要な作業
自然農の作業=草刈り=雑草のコントロール=雑草との共生

雑草と共存・共栄しながら、野菜を収穫し、
自然の恵みの一部を
ありがたく いただく」ことかと

コメント

ご愛読ありがとうm(_ _)m

お気軽にコメントしてくださいネ^^;

このブログの人気の投稿

はざま自然農園 現状のご報告

肥沃な畑の目印 カラスノエンドウ 自然農の肥料になる雑草達(スズメノエンドウとカラスノエンドウの違い)

確実に春に向かっていますヨ (^^) 三重県 津市 自然農園 

自然農の種 野口のタネ 注文!

雑草と野菜の違いは、見分けがつくか?食べられるか? 料理法を知っているか? 意図して植えたか? それだけなのよね〜〜^^;

自然農・有機野菜栽培の魅力とは?

桜吹雪の景色とアナログカメラ

耕作放棄地をエゴな太陽光発電にするより 自然農の畑に

ホンダ農業用草刈りロボット新発売(゚∀゚) 自然農には、ムリ(^_^;)

もし、ゴッホが自然農の農家になったら?