新規・自然農園の畑 春の品種選びに悩む・・・ω・

 おはようございます。

はざま自然農園の狭間ですm(_ _)m

今日も、三重県津市は良いお天気(^^)

昨日は、半袖でも、作業中は汗ダクダクに

最高気温は、20℃以上か(*´ω`*)

自宅の玄関に植えている黒竹もタケノコが
孟宗竹に比べ、太さもサインペンほどで、カワイイ(^^)

ちなみに、河芸自然農園の竹林のタケノコは
2m以上
も〜〜こうなると、タケノコでは・・・・・・・(^_^;)



昨日は、

まずは雲出第1自然農園へ、

草刈りと九条ネギのタネまきを

1.2m 幅に7スジ 九条ネギの種まき


ネギは、我が家で一番良く使う野菜
うどん・ラーメンは、もちろんのこと、納豆や味噌汁、豆腐や
鍋物や豚肉炒め、パスタにも
とりあえず、ネギさえあれば、なんとか様(サマ)になる^^;
とにかく、毎日使う野菜なんです。

自給自足が、当面の目標のはざま自然農園としては、
安定かつ定期的に需要を満たさなければ・・・・・
お話にならない(*´ω`*)

現在も
九条ネギワケギを栽培中ですが、

こんな量では、チョット心もとない^^;
ってなことで、空いたスペースを利用して、九条ネギを追加した次第です。

ネギは、水はけと日当たりが良い場所なら、比較的栽培が容易な野菜なので、
今年は、ネギマイスターを目指し、スキルアップです^^;




その後

先日、新規にお借りした雲出第2自然農園の畑へ


現地に着いて、

正確な耕作面積を測量

土質を 色々な場所からサンプリングして、


観察(p_-)

確かに、セイタカアワダチソウなどの宿根草の根は、あるが

その根は、比較的細く、スコップも深く差し込み安い(^^)

適度な湿度を保った、黒土系・雲出川の体積物+腐葉土で肥沃

匂いも、しっかりとした土の香り

これは、期待が膨らみます(^o^)

耕作地全体を眺めながら、


今年の作つけ品種をイメージ

昨日、考えた、西から ズッキーニ・カボチャ・サツマイモ・スイカ だけでは、

まだ、広すぎて、余りそう^^;


また、野口のタネさんから、

ウネ幅は2m必要な地這(じばい)キュウリ を植えようか?

柵を建てずに、カボチャやスイカのように地を這って広がり、実をつける種類

柵をしないので、作付けは楽 だが、 収穫が・・・・腰が・・・・・(*´ω`*)

いっそ、ココにもネギを植えようかしら?・・・・・・


もう一度、熟考してみます。

なんせ、最初が一番、肝心

思いつきや、勢いだけで、始めても・・・・・

やはり、成功体験の積み重ねが大事ですからね^^;


追伸

よ〜〜く、考えると、

そ〜〜 慌てて 全部の畑を使い切る必要は無い^^; ので、

とりあえず、様子見

その畑に合って、私好みの野菜が 収穫できるのことが 大切

あまり、手に余って、雑に仕事をしても・・・・・

私の体も・・・・・・・(´・ω・`)


まっ、 ボチボチ 楽しみながら やって行きます。

頭のなかも断捨離が必要^^;


追伸の追伸
只今、夜勤のバイトから帰って来まして、
間違いを更新

ときわ地這キュウリが、連チャン画像でしたが^^;
修正いたしましたm(_ _)m


で、
今、焼酎の水割りを飲んだ頭で考えて・・・・ω・
地這キュウリだったら、
春夏秋地這キュウリに しようかと

キュウリは、夏の野菜としては、ナスと同格の必須野菜
一夜漬け、ヌカ漬け、生、マヨネーズ なんにでも使える=食える(^O^)

絶対に外せない夏野菜の代表ですから ネ

コメント

ご愛読ありがとうm(_ _)m

お気軽にコメントしてくださいネ^^;

このブログの人気の投稿

はざま自然農園 現状のご報告

肥沃な畑の目印 カラスノエンドウ 自然農の肥料になる雑草達(スズメノエンドウとカラスノエンドウの違い)

確実に春に向かっていますヨ (^^) 三重県 津市 自然農園 

自然農の種 野口のタネ 注文!

雑草と野菜の違いは、見分けがつくか?食べられるか? 料理法を知っているか? 意図して植えたか? それだけなのよね〜〜^^;

自然農・有機野菜栽培の魅力とは?

桜吹雪の景色とアナログカメラ

耕作放棄地をエゴな太陽光発電にするより 自然農の畑に

ホンダ農業用草刈りロボット新発売(゚∀゚) 自然農には、ムリ(^_^;)

もし、ゴッホが自然農の農家になったら?